北海道大学病院内科Ⅰ(第一内科)

グループ紹介

肺癌グループ 専門診療および臨床的研究

気管支鏡

1気管支鏡による診断

我々は肺末梢小型結節影の診断において、気管支鏡ナビゲーションとラジアル型気管支腔内超音波断層法(EBUS)を併用することで、極めて高い診断率が得られることを示し、この領域における多くの新たな知見を報告してきました。現在も新しいナビゲーションシステムの開発を行っています。このためアジアを中心とした海外各国から留学生が研修に訪れています。また、近年肺癌診療において、多くの腫瘍組織の採取が求められるようになり、クライオ生検が注目されています。当科では2018年よりクライオ生検を導入し、多くの症例に施行しております。

主な業績;

  1. Asano F, Shinagawa N, Ishida T, et al: Virtual bronchoscopic navigation combined with ultrathin bronchoscopy. A randomized clinical trial. Am J Respir Crit Care Med 2013, 188:327-333.
  2. Ikezawa Y, Shinagawa N, Sukoh N, et al. Usefulness of endobronchial ultrasonography with a guide sheath and virtual bronchoscopic navigation for ground-glass opacity lesions. Ann Thorac Surg 2017, 103:470–5.
2気管支鏡による治療

肺癌を含む悪性疾患による気道狭窄や喀血等に対する呼吸器インターベンションの領域で世界的な権威であるハイデルベルク大学で研鑽をつんだ品川医師を中心に硬性気管支鏡を用いたステント挿入などのインターベンションに力を注いでいます。このため北大病院にとどまらず北海道各地の病院からの依頼を受け、患者さんの窮状に日々立ち向かっています。また放射線科で行われている動体追跡照射(RTRT)に必要な金球挿入や、難治性気胸に対する気管支塞栓術(EWS)など、他科と連携して気管支鏡を用いたさまざまな治療を行っています。当施設は日本呼吸器内視鏡学会認定施設であり、多くのグループ員が日本呼吸器内視鏡学会認定の気管支鏡専門医および指導医資格を取得しています。

主な業績;

  1. 高橋桂、品川尚文、加藤達哉ら. 巨大粘液栓を伴った肺粘表皮癌の1例. 気管支学 2020 inpress

EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対する治療開発

2004年のEGFR遺伝子変異の発見以来、当科ではHOT(北海道肺癌臨床研究会)、NEJ(北東日本研究機構)に所属する多施設の先生方と共同で様々な臨床研究を行ってきました。当初はEGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)単剤に関する臨床試験を実施し、第Ⅲ相試験でEGFR-TKI単剤の殺細胞性抗癌剤に対する無増悪生存期間の優越性が証明された後は、併用療法に関する臨床試験を実施・発表してきています。

1EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFR-TKI単剤の臨床研究

主な業績;

  1. Asahina H, Yamazaki K, Kinoshita I, et al. A phase II trial of gefitinib as first-line therapy for advanced non-small cell lung cancer with epidermal growth factor receptor mutations. Br J Cancer 2006;95:998-1004
  2. Maemondo M, Inoue A, Kobayashi K, et al. Gefitinib or chemotherapy for non-small-cell lung cancer with mutated EGFR. N Engl J Med 2010;362:2380-2388
  3. Asahina H, Oizumi S, Inoue A, et al. Phase II study of gefitinib readministration in patients with advanced non-small cell lung cancer and previous response to gefitinib. Oncology 2010;79:423-429
  4. Oizumi S, Kobayashi K, Inoue A, et al. Quality of life with gefitinib in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer: quality of life analysis of North East Japan Study Group 002 Trial. Oncologist 2012;17:863-870
2EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFR-TKIと化学療法併用の臨床研究

主な業績;

  1. Sugawara S, Oizumi S, Minato K, et al. Randomized phase II study of concurrent versus sequential alternating gefitinib and chemotherapy in previously untreated non-small cell lung cancer with sensitive EGFR mutations: NEJ005/TCOG0902. Ann Oncol 2015;26:888-894
  2. Oizumi S, Sugawara S, Minato K, et al. Updated survival outcomes of NEJ005/TCOG0902: a randomised phase II study of concurrent versus sequential alternating gefitinib and chemotherapy in previously untreated non-small cell lung cancer with sensitive EGFR mutations. ESMO Open 2018;3:e000313

殺細胞性抗癌剤に関する臨床研究

近年、肺癌の治療には分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤などさまざまな薬剤が使用されていますが、従来からある殺細胞性抗癌剤の重要性については変わりありません。また日常臨床においては、間質性肺炎など様々な併存症を有する患者さんが存在します。私たちは日常診療の様々な状況における最適な殺細胞性抗癌剤を用いた治療法の研究も行なっています。

主な業績;

  1. Harada T, Oizumi S, Ito K, et al. A phase II study of amrubicin as a third-line or fourth-line chemotherapy for patients with non-small cell lung cancer: Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group Trial (HOT) 0901. Oncologist 2013;18:439-445
  2. Ikezawa Y, Asahina H, Oizumi S, et al. A randomized phase II trial of erlotinib vs. S-1 as a third- or fourth-line therapy for patients with wild-type EGFR non-small cell lung cancer (HOT1002). Cancer Chemother Pharmacol 2017;80:955-963
  3. Takashina T, Asahina H, Oizumi S, et al. A phase II study of carboplatin, pemetrexed, and bevacizumab followed by erlotinib and bevacizumab maintenance for non-squamous non-small cell lung cancer with wild-type EGFR (HOT1101). Int J Clin Oncol 2018;23:1060-1069
  4. Asahina H, Oizumi S, Takamura K, et al. A prospective phase II study of carboplatin and nab-paclitaxel in patients with advanced non-small cell lung cancer and concomitant interstitial lung disease (HOT1302). Lung Cancer 2019;138:65-71

手術、放射線など集学的治療法の開発について

呼吸器外科や放射線治療科の先生と共同で、周術期や動体追跡照射を用いた化学放射線治療における有効な化学療法レジメンの開発も行っています。

1周術期の補助化学療法に関する臨床研究

主な業績;

  1. Fukumoto SI, Oizumi S, Harada M, et al. A randomized phase II trial of cisplatin plus gemcitabine versus carboplatin plus gemcitabine in patients with completely resected non-small cell lung cancer: Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group Trial (HOT0703). Cancer Chemother Pharmacol 2020;86:117-127
2化学放射線治療に関する臨床研究

主な業績;

  1. Sakakibara-Konishi J, Oizumi S, Kinoshita I, et al. Phase I study of concurrent real-time tumor-tracking thoracic radiation therapy with paclitaxel and carboplatin in locally advanced non-small cell lung cancer. Lung Cancer 2011;74:248-242

希少癌についての検討

胸腺腫や胸腺癌、肺多型癌などの希少癌についても、道内・道外の多施設の先生方と共同で臨床研究を実施しています。

主な業績;

  1. Ito K, Oizumi S, Fukumoto S, et al. Clinical characteristics of pleomorphic carcinoma of the lung. Lung Cancer 2010;68:204-210
  2. Inoue A, Sugawara S, Harada M, et al. Phase II study of Amrubicin combined with carboplatin for thymic carcinoma and invasive thymoma: North Japan Lung Cancer group study 0803. J Thorac Oncol 2014;9:1805-1809
  3. Sato J, Satouchi M, Itoh S, et al. Lenvatinib in patients with advanced or metastatic thymic carcinoma (REMORA): a multicentre, phase 2 trial. Lancet Oncol 2020;21:843-850

その他、第Ⅰ相試験など

複数のグループ員が、国内屈指の癌診療・研究施設である国立がん研究センター中央病院に国内留学し、Phase I試験など貴重な経験を積み、また、その成果を論文化しています。

主な業績;

  1. Mizugaki H, Yamamoto N, Fujiwara Y, et al. Current Status of Single-Agent Phase I Trials in Japan: Toward Globalization. J Clin Oncol 2015;33:2051-2061
  2. Mizugaki H, Yamamoto N, Murakami H, et al. Phase I dose-finding study of monotherapy with atezolizumab, an engineered immunoglobulin monoclonal antibody targeting PD-L1, in Japanese patients with advanced solid tumors. Invest New Drugs 2016;34:596-603
  3. Mizugaki H, Hamada A, Shibata T, et al. Exploration of germline variants responsible for adverse events of crizotinib in anaplastic lymphoma kinase-positive non-small cell lung cancer by target-gene panel sequencing. Lung Cancer 2019;128:20-25