北海道大学病院内科Ⅰ(第一内科)

現役研修医の声

2012年度 インタビュー

初期研修医の声 鈴木 奈緒子

略歴(2012年現在):
出身高校 福岡県立東筑高校
出身大学 宮崎大学
初期研修 北海道大学病院

※本ページの内容は、2012年にインタビューした時点のものです。

現在の研修について

1年目は市中病院で研修しました。症例数が多いので色々な疾患をたくさん経験できましたが、指導医のDr.とじっくり1つの症例について検討する時間がありませんでした。それに比べて現在の北大では、1つの症例に対し、多くの指導医のDr.と議論する場があり、とても勉強になります。
特に第一内科は、専門的な疾患を初め、たくさんの鑑別を要する疾患をみんなで検討しながら診断をつけていくという、大学のイメージとは少し違うイメージを持ちました。
また、どのDr.もコンサルトに親切に対応してくださり、たくさんのことを教えてくださる気さくな方が多いです。疾患以外の話でも、話す機会がたくさんあり、楽しく毎日過ごしています。

今後の目標について

研修後は入局したいと考えています。今のところ、内科医になって糖尿病をしたいと思っています。女医は結婚、出産があります。そんな中でも医者として続けていきたいので、それであれば糖尿病は外来診療をメインとしているので、ずっとやっていけるのでは、と思っています。

初期研修医の声 中村 順一

初期研修医 中村略歴(2012年現在):
出身高校 札幌西高校
出身大学 弘前大学
初期研修 市立千歳市民病院

※本ページの内容は、2012年にインタビューした時点のものです。

医学を志した理由は?

あまり明確な理由はありませんが、何か人の役に立つ仕事がしたいという思いがありました。
また、父親が歯科医であったこともあってか、自然と医学に興味が湧いていて、いざ自分の進路を考えたときに、やはり医学を目指してみようという思いが湧いたためです。

現在の研修について

カリキュラムは1年目は内科(呼吸器、循環器、消化器)と麻酔科ローテーション、2年目は自由な診療科を選択できます。少し地方の病院に共通することかもしまれませんが、研修医の数が少ないため、密に指導を受けられ、先生方から声をかけてもらえます。アットホームな雰囲気で、コメディカルの皆さんからも色々と教えてもらえるのが助かります。
研修医が少ないことはメリットとデメリットがあります。そこは、自分がどのくらいの人数で研修したいかをよく考える必要があると思います。
自分が内科志望なこともあり、北大第一内科出身の先生方に教えてもらえることは、とてもためになり、勉強になることばかりです。周囲の状況がわからず不安になることもありますが、きちんとしたことをやらせてもらえ、教えてもらえていると思うので、残りの研修期間を過ごしたいと思います。

今後の目標について

将来的には、自分の専門分野を持ちながら、それ以外の分野もcommon disease ならば自分でマネジメントできる実力を身に着けたいと思っています。「専門じゃないから…」ということは簡単ですが、できることなら言わないで済む方が自分の目標に近いと思うので…。
北大の医局に入れてもらうか、出身大学の弘前に行くかはまだ迷っていますが、上記目標のためには北大第一内科は非常に魅力的です。研修していても、やはり色々な分野に精通しているなぁと思えるのは、第一内科の先生方なので。
研修期間は残り短いですが、できる限りのことを学べるように頑張っていきたいと思います。

初期研修医の声 橋詰 勇祐

初期研修医 橋詰略歴(2012年現在):
出身高校 武生高校
出身大学 北海道大学
初期研修 市立岩見沢病院

※本ページの内容は、2012年にインタビューした時点のものです。

現在の研修について

岩見沢市立病院で2年間、初期研修中です。
病棟業務における指示出しなどをオーベンの先生に言われた通りに行うのではなく、まず自分の考えを聞かれるので非常に勉強になります。
救急外来では様々な症例を経験でき、処置にもどんどん参加させてもらえます。

今後の目標について

将来専門に選びない分野についても、簡単に診られるようになりたいと考えています。
研修が終わったら、内科医としての道を考えています。