北海道大学病院内科Ⅰ(第一内科)

初期・後期研修について

後期研修プログラム

優れた内科医を育てる会

北海道大学内科I(第一内科)では、初期研修後にすぐに入局して内科I(第一内科)の身分で大学病院や関連病院で後期研修を行い最終的に大学で呼吸器、循環器・糖尿病領域の専門医・研究者を志すコースとは別に(内科I(第一内科)後期研修プログラム参照)、関連病院グループと協力して、「優れた内科医を育てる会」という名称の新たな後期研修システムを創設しました。

新卒後研修システムの導入以来、2年間の初期研修後も大学医局等に所属しないで個人的に後期研修プログラムをもつ病院を探して2-3年間の予定でひとつの病院に勤める人が多くいます。とくに内科系志望の先生に多いようです。

しかし、このような研修にはいくつかの問題があります。第一に卒後3-6年目の医師として最も大切な時期に内科医としての経験が偏ってしまうことです。仮にレベルの高いと思われる教育病院であっても患者の量・質は地域によってまったく異なりますし、同じ地域でも病院によって患者内訳は著しく異なります。また、どんなに優秀な指導者がいても得手不得手があります。つまり、若いときには多くの異なる病院で異なる指導者の下で研修を積むことが望ましいのです。第二に、ある特定領域の専門医を目指す人は卒後3年目から特定領域だけを学ぼうとする傾向が見られます。しかし、どの内科専門領域であれ、初期研修だけでそれ以降専門領域だけを勉強することは「優れた内科医」になるための必要十分な研修とはとても言えません。第三に、どこの組織にも所蔵しないで後期研修を続けることは、その後の身分を何も保証しません。つまり、後期研修後はまた自分で病院を探さざるを得ないことになります。

そこで、北大内科I(第一内科)関連病院グループでは、内科I(第一内科)における医師内科医育成の伝統を生かして、「優れた内科医を育てる会」を結成し、下記のようなプログラムを提案させていただきます。大学病院における診療・研究を視野に入れた入局は望まないけれども総合医的な力のある内科医になりたいと希望する先生への提案です。

研修システム
  1. 卒後3年目から本会へ加入可能とする。卒後4年目以降から中途で入ることを可とする。基本的には、2-3年で研修を終える人が多くなると予想されるが、希望があれば更に長期に渡ってこのシステムを利用しても可とする。
  2. 好きなときに内科I(第一内科)に「入局」してもらってよい。基本的には本システムから入局するのは、大学病院に戻ったタイミングと考える。
  3. 好きなときに本会から外れられることとするが、原則、予定期間の研修は最後まで務めることとする。
  4. 研修医の配属は、基本的に本人の希望を可能な限り尊重する方針とするが、必要に応じて人数の調整を行う。調整を行い、最終的に人事の決定を行うのは、本会幹事会が中心となって行うこととする。
  5. 研修医が一施設で働く期間は6-12ヶ月を基本とする。研修内容によっては3ヶ月の短期のプログラムも可能とする。
  6. 勤務中の身分は、実際に勤務している病院の後期研修医あるいは、後期研修医相当の身分とする。
  7. 本会に入会した研修医は内科I(第一内科)同門会会員に準ずるものとする。入局する、しないに関わらず、関連病院で研修している期間のみ、一年間10,000円の同門会費を納めてもらう。
  8. 本会から退会した後の方針については、基本的に入会窓口となった病院と相談して進路を考えてもらう。

現在、初期研修中で今後の方針を考え中の先生、一般市中病院で後期研修中の先生方の中で、このシステムに興味がある先生は、是非、当会事務局(品川、naofu@med.hokudai.ac.jp)までご連絡下さい。

【優れた内科医を育てる会】

代表幹事
小熊 豊 (砂川市立病院院長)

幹事
山本 宏司 (独立行政法人西札幌病院呼吸器科)
鈴木 潤一 (KKR札幌医療センター副院長)
西村 正治 (北海道大学病院内科I(第一内科))